2017年2月5日日曜日

リーダーズブートキャンプ第2期 発進!

「リーダーズブートキャンプ」として新規発足したのが昨年。2月4日から早くも第2期が発進した。

思えば私がブートキャンプ・ムーブメントを開始してから、7年目に突入した。今期も意欲ある経営者、幹部の方、再受講者の皆さんに恵まれてクラスを展開している。

初日には、最終講に向けての戦略策定方法を指導し、次回に取り上げる課題図書として『日本電産流V字回復の教科書』(川勝宣昭、東洋経済新報社)を配布。私の座学セッションとしては「成長戦略」。

箱田忠明先生も終日出席して、クラス参加してくれた。懇親会で聞いた参加者の皆さんの満足度も高く、いつものようにすばらしいスタートダッシュとなった。

2017年2月1日水曜日

御社がダメな原因は、もう通用しない「これまでのやり方」…従来と違う戦略の立て方(7)


 クリステンセンの4指針は、順番を代えて次のように読み下すことができる。

「外に出て(4.ネットワーク力)、じっくり観察して(3)、躊躇なく質問して(2)、頭の中で組み立てろ(1)」

 本記事を目にしている読者の多くが、同じ会社に長く勤めてきているかもしれない。その場合は、同一社、同一業界の悪弊に染まっている可能性が大きい。「外に出る」とは転職したり、社外のセミナーや交流会に行ったり、その代替として本を読むことだ(クリステンセンの調査では最大の外部刺激とは海外居住であるという)。

 それから、日本人が苦手なのが「3.質問力」だろう。「聞くは一時の恥」は正しい。そして質問するとインタラクティブなキャッチボールが始まり、思いがけない着想にたどり着くものである。
 私は、自分が教えている経営者の皆さんによく言うことがある。

「本を読まない経営者はダメです」
 今までは、うまくやってこられたかもしれない。しかし、この後さらに展開していくためには、新しい一手が必要だろう。その糧を、知恵を、今から仕込んでおこう。

 2017年は、皆さん、どうか本を読んでほしい。

(この項 終わり)